費用に関する基本情報

ハードディスク

専門業者に依頼する場合の費用相場

データ復旧を専門業者に依頼する場合の費用相場は、ハードディスクの障害の程度によって大きく変わってきます。障害の重さは、軽・中・重とさまざまあり、当然のことながら症状が重くなるほど復旧の費用も高くなると言えるでしょう。まず軽い症状は、データを誤って削除してしまったり、OSに問題があったりするケースであり、ハードディスク自体は正常な「論理障害」と呼ばれるものがこれに相当します。こうした論理障害は、多少の知識があれば専用のソフト(無料〜1万円程度)を使って復旧することも可能です。しかし安全性を求めるのであれば専門業者に依頼したほうが確実ですし、費用に関しては2〜5万円程度が相場だと言えます。次に中程度の症状は、ハードディスク自体は正常なものの、ファイルシステムにエラーが生じたりPCを初期化してしまったりしたケースになります。こちらも論理障害の範囲になりますが、初期化をするとデータが上書きされてしまうので、先ほど軽度なものより症状が重くなる(復元率が下がる)と言えるでしょう。この中程度の症状を専門業者に依頼する場合は、5〜10万円程度が相場ですが、中には10万円を超えるケースもあると言われています。最後に、重い症状は、ハードディスク自体が壊れているケースであり、水没や落下、火災などによって機器が破損している場合を指します。こうしたものは「物理障害」と呼ばれており、素人が対処できるものではないため、専門業者に依頼するしかありません。この物理障害のデータ復旧にかかる費用は、20〜50万円程度が相場であり、業者によってかなりバラツキがあると言えます。そのため、できれば複数の業者に見積もりを取ってもらった上で、適切な価格のところを選ぶようにしたほうがよいでしょう。

Copyright© 2020 大切なデータを失ってしまったらデータ復旧をおこなおう All Rights Reserved.